20170927~飲酒~

外で飲むと

帰り道が

暗くて

さっきまでいた賑やかな居酒屋と

真逆で

途端に

静かで

 

 

 

余計に

逢いたくなる

増して

寂しくなる

居なくて

逢えなくて

 

消えたくなる

 

さっきは

そんな中

大雨で

スーツや靴や鞄や腕が

びしょ濡れで

こんな自分の姿と感情に

虚しささえ感じる

 

 

あなたは

起きて待っててくれた

 

愛情溢れるたくさんのLINEをくれた

 

雨か

涙か

とにかく全身びしょ濡れ

 

愛されてる~

やっほー

って思いより

 

心から感謝の気持ちでいっぱい

 

あと3回眠れば

あなたに逢える

あなたと

心と体の合体ができる

 

長い…

逢いたい…

逢いたすぎて苦しい

逢えなくて苦しい

 

しばらく東京に残ることを選んだんだから

完全にわたし自身のせい

逢いたいなんて

逢えなくて苦しいなんて

烏滸がましい

 

だけど

逢いたい…と、

言わずにいれないくらい

心の奥の方から針でつついて

苦しくさせる

ときに大針で刺して

心を痛く

辛く悲しいところまで追い込んでくる

 

心は素直だ