20171210~同棲~

昨年の夏

あなたはわたしのおうちに

2泊してくれた。

「同棲」気分とゆーより

一緒に居るべき人と

一緒に居た気がして

朝目が覚めてあなたが隣に居ても

夜眠るまであなたが隣に居ても

不思議と不思議じゃなかった。

幸せな気分は

味わったことのないほど

格別だった。

 

もしさ…

来世で同棲したら

わたしたっくさん料理覚えて

毎日美味しいご飯作るね!

休日はたまにピザをとろう!

 

ずっとくっついてたいけど

休日は少しだけ

掃除する時間をちょうだいね!

 

 

少し小さめのソファがいいな…

一緒にTVを観たり

一緒にお酒を飲んだり

一緒に語り合ったり

一緒にのんびりするときは

小さなソファに二人で腰かけて

ギュウギュウになりながら

くつろごうね!

 

 

いってきます

いってらっしゃい

ただいま

おかえり

わたしはきっと

あなたに飛び付いてハグだよ。

 

大事にするね。

あなたのことを。

あなたとの時間と

あなたとの空間と

現世では叶わなかった、

あなたと共にできる奇跡を…

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

20171210~しまむら~

靴下を買いに

おうちから50㍍先にある

しまむらへ…

お金ないくせに目移りする。

あれこれ我慢して過ごしてたから

敷シーツと膝掛けを買った。

お目当ての靴下は

やっぱりUNIQLOで買おう。

 

最近はしまむらでも

可愛い子どもの服や靴が売ってるんだなぁ…

来週は、かなたんと遊ぶ予定だから

こはるんに何か買ってあげよう。

 

かなたんにはすでに

許可を得ているので

わたしの好みで

服や靴をあげるんだ(笑)

かなたんの愛娘、こはるんには

申し訳ないけど

ROCK攻めでいきます(笑)

しまむらでは揃わないので

来週、子ども服巡りをする予定(笑)

 

 

だからね

 

だから大丈夫だよ。

 

わたしは

子どもを

産めない、産まない。

 

奮発して

ピルを6ヶ月分買ったし(笑)

 

 

わたしは

 

大丈夫だよ。

 

だいじょーぶ!

 

 

 

広告を非表示にする

20171209~子ども~

以前あなたは言ってくれました。

わたしに

子どもを産ませてあげたい…と。

 

昨日あなたはまた言ってくれました。

わたしに

子どもを産ませてあげたい…と。

 

あなたは知っていました。

わたしが子どもを好きなことを。

 

 

お金、時間、年齢、

親の協力を得られない、

子どもへのリスクが大きすぎること。

そして

愛する人

あなた1人でいいことを伝えた。

これは真剣に考えた答え。

 

だけど

子どもが欲しい。

愛する人の血がかよった子を。

そんな期待をしているもぅ独りの

自分がいるのも事実。

 

子どもが産みたい!とゆーより

子どもを育てたい…が本当のところかな。

人生を共にし、

一緒に成長し、

自分の子どもでもあり、

友人にもなりたい。

 

 

わたしは自分の子どもに

お母さんやママとは呼ばせない。

友達のよぅに名前で呼び合う!

なんてことまで想像してる自分がいる。

産む権利も

育てる力も

ないくせにね…

 

 

独りで生き

独りで逝く

そぅ覚悟を決めたんだから

潔く諦めないと!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

20171209~新潟~

また!

新潟出張があるかもしれないって!

柏崎かな…

また行けるかな…

 

 

恋人岬

 

1年以上前に繋いだ南京錠

雨、海風、雪

耐えきってくれた鎖を

そろそろメンテしてあげないと!

 

独りで行くつもりだったから

またあなたと二人で行けたらいいなぁ…

 

独りだと

無言で行って

モクモクとメンテナンスするんだろうけど

あなたと一緒だと

きっとまた

泣いてしまうんだろぅなぁ…

 

あのとき

言ってはいけない!と、

抑えていた言葉や気持ち。

苦しさのあまり

泪がとまらなかった。

だけど

あなたは受け止めてくれた。

苦しさから解放された瞬間だった。

そぅいった意味でも

あの場所は

とっても大切な場所。

 

 

また行きたいな

あなたと。

 


f:id:silvasilva:20171209164233j:image

 

 

広告を非表示にする

20171206~ONE OK ROCK~

昨晩は忘年会第一弾で

ほろ酔いで帰った。

朝と変わらぬ満員電車

いやになる…

音楽を聴く

気を紛らわすため。

昨晩はONE OK ROCKにしてみた。

 

知ってる…

ほろ酔いのときにワンオク

やばい

 

 

この気持ちは

永遠に変わらないと

今あなたに約束するよ

理由なんか必要ない

ただあなたが欲しいだけ

 

約束するよ

わたしのこの気持ちは「永遠」だと。

 

地獄を見たけど

またここに戻ってきた。

どうやったら忘れられる?

いや、決して忘れられない。

 

ONE OK ROCK歌詞抜粋~

 

 

忘れられないのは

出来事そのものではなく

 

あのときの悲しく苦しい感情

死ねなかった後悔

生きている絶望感

 

 

 

 

広告を非表示にする

20171204~明日は忘年会~

明日は

お客様との忘年会

今年忘年会の第一弾!

 

明日は忘年会だから

少し遅くなるよ~って伝えたら

 

 

だめ!

終電までね!

 

って言われた。

キュンキュン

めっちゃ嬉しい…

 

誰にも心配なんてされたことなくて

飲んだくれて

テロンテロンで帰るわたしに

期待されるばかりだった。

期待に応えるため

皆の望むよーに頑張った。

 

だめ!って…

終電まで!って…

 

くぅぅぅぅ

嬉しすぎる…

 

あなたに心配かけたくないけど

心配してくれるなんて

めちゃくちゃ嬉しくて

あなたの言葉に耳を疑った。

 

 

あなたに心配をかけたくないし

心配かけるつもりもないけど

ちゃんとしよぅ!って思った。

だけど

心配かけていた方が

ずっと気にかけてくれて

可愛いやつだなぁって

想われたりするのかな…

どうなんだろ…

 

 

あまりにきちんとしてると

可愛げないよね…

20171203~しおり~

ラップ…

びよんびよん💧

何重にもラップ巻いて

いちお密封した。

 

 

これは

わたしが大好きな本、

純粋でまっすぐな愛の言葉が詰まった

万葉集のしおりにする。

 

 

宝物

 


f:id:silvasilva:20171203231145j:image

 

 

 

 

広告を非表示にする